スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012FROM24マラソン

・開 催 日 2012年8月19日(日)

・スタート 札幌市北区エムアールゴルフセンター5F

・ゴ ー ル 小樽市銭函 おたるドリームビーチ「海の家タムタム」

・走行距離 24Km

・記録
 森脇悠貴 2時間14分54秒
 清水雅史 1時間52分00秒

・記録写真
IMG_3678_R.jpg

IMG_3681_R.jpg

IMG_3679_R.jpg

IMG_3682_R_R.jpg

IMG_3677_R.jpg

あとがき
うわぁ~。。。

俺太ってますねぇ笑

それはさておきFROM24マラソン。

今回は前年よりも詳しく書いていきますね(2013年6月現在で覚えてる限り笑)

札幌はニーヨンこと、北24条から小樽ドリームビーチまでの24kmを走ります。

マラソン大会なのに、何故かゴルフセンターさんが、北24条の発展を願って、全力でアットホームに開催される大会です。

交通規制も無ければゼッケンや順位も存在しません!

ただただ24kmを走破し、ビーチでジンギスカンとビールを浴びて、おまけに早食い競争やよさこいまで見れちゃう、ゴール後のアフターが充実しすぎの最高のイベントであります。

ワタクシ共のように、美味いビール飲むために走っているのんべぇランナーの皆様は、一生のうちに一度は参加するべき大会であると思います。

いや、別に北24条住民ではありませんw

ニーヨンマラソンはスタート時間が15分おきに区切られており、個々の走力によってスタート時間を選べます。事前宣告はいりません。

今年も我等森脇陸上倶楽部は最終でスタートしました。

そうそう、今年はゲストで清水さんの職場の先輩様も出場しました。

スタート地点はゴルフセンターのある建物の5階です笑

そこからいきなり階段を駆け下り、外に出ます。なのでそっこう足に来る方も少なくないと思います。

ああ。。。今年もニーヨンマラソンは炎天下で行われました。

河川敷では太陽が背中にびったりと張り付き、背中が燃えるような暑さと闘います。

給水所が天国のようです。お手伝いの学生さんの若々しい元気が力になります。←そう思うようになるなんて、俺も年取ったなぁ。。

オホン!

「河川敷灼熱地獄」から脱出した後は、、、

「国道灼熱地獄!」

河川敷のそれよりも遥かに面積を増したアスファルトの照り返しが体力を奪います。太陽が真後ろにないだけ助かりますが。

そして、景色は開けていて、己にまだ体力が残っていれば、気持ちよく走れるスポットではあるのですが、

前半飛ばしすぎてスタミナ切れを起こしていた場合(つまりワタクシ森脇のことです)、行けども行けども果てしなく続く道と、すぐ横をすっ飛ばす車の無尽蔵の体力(エンジンという名の心臓とガソリンという名の血液)に置いてけぼり感を感じながらひたすら気力のみで突き進むような道が続きます。

その後、コースは目指すべきドリームビーチを遠くに見ながら左へ流れていきます(個人的にはその状態がまたツライw)

そして街?中を折り返します。

折り返しはコンビニの近くにあり、給水・エイド所が併設。

そこで最後のエネルギー補給

僕の通過はだいたい中ごろだったので、バナナやレモンはまだ大量にありました。

コーラがあることに驚きましたが、あの灼熱地獄で見たときは感動の涙でした。

攣り防止のためにレモンを大量に摂取し、再スタートです。

元来た街?中を逆送し、ドリビへと続く未舗装路へ入ります。

そこからがまた、長いのなんのって。

ドリームビーチと行っても、広いです。

ゴールはこのコース取りで言うと一番奥にある海の家、の隣の、「海の家タムタム」というところ。

そこまで最後の地獄、「すぐ左にビーチがあるのに俺は何やってるんだ地獄」を走り、ようやくゴールです。

ゴール後は、時計を見て自分で自分のタイムを記録賞に記入します。スタート時間を覚えておく必要があります。

そして、ビールやジュース、ジンギスカン引換券を貰って、本日のメイン、「ビーチ焼肉ワイワイ広場」の開催です(勝手に命名)

動かない足にヒイヒイ言いながら楽しむ肉とビール。

アルコールが染みていくのがわかります。

走った後の一口目。。。最高の一瞬です。。。

こうして、今年もFROM24マラソンが終わりました。

ビーチから北24条まで送迎バスが出ており、途中で銭湯に寄ってくれるという、最後までスーパーなおもてなしなのですが、今年は友達が車でドリビに遊びに来てくれたので、そのまま残って宴を続けました。

そしてまたまた出会いました。

そう、あのおっちゃんです。

初めて会ったのは1年前のこの大会です。

その後、去年の苫小牧マラソンでも会い、そして今日も合いました。

なんていうか、アイアンマンです。凄い人です。今後もどこか出会うことでしょう(いや、会うのだが)

今年も森脇陸上倶楽部、推して参る!










スポンサーサイト

2012北ガスグループ6時間リレーマラソンin札幌ドーム

・開 催 日 2012年7月15日

・スタート 札幌ドーム内

・ゴ ー ル 札幌ドーム内

・走行距離 1週2km

・記  録 16位/581組
      走    者:スミス・ゆーーき・キャンプ地・迪くん
             みっちー・ケンゴ・マヤちゃん・みき・ジュンジ
      マネージャー:ビスケットオリバ・つるべさん
      1  周  目:ジュンジ 6分50秒
      2  周  目:キャンプ地 7分05秒
      3  周  目:スミス 7分02秒
      4  周  目:迪くん 7分15秒
      5  周  目:マヤちゃん 8分55秒
      6  周  目:ゆーーき 8分03秒
      7  周  目:ケンゴ 8分56秒
      8  周  目:みき 10分55秒
      9  周  目:みっちー 9分53秒
     10  周  目:ジュンジ 6分36秒
     11  周  目:キャンプ地 7分09秒
     12  周  目:スミス 7分09秒
     13  周  目:迪くん 7分17秒
     14  周  目:ゆーーき 8分12秒
     15  周  目:マヤちゃん 9分19秒
     16  周  目:ジュンジ 6分38秒
     17  周  目:ケンゴ 9分30秒
     18  周  目:キャンプ地 7分13秒
     19  周  目:スミス 7分14秒
     20  周  目:迪くん 7分30秒
     21  周  目:みき 11分18秒
     22  周  目:ジュンジ 6分49秒
     23  周  目:みっちー 10分04秒
     24  周  目:ゆーーき 8分29秒
     25  周  目:マヤちゃん 9分38秒
     26  周  目:ジュンジ 6分51秒
     27  周  目:ケンゴ 9分42秒
     28  周  目:スミス 7分23秒
     29  周  目:迪くん 7分26秒
     30  周  目:キャンプ地 7分24秒
     31  周  目:ゆーーき 9分00秒
     32  周  目:ジュンジ 6分53秒
     33  周  目:マヤちゃん 10分05秒
     34  周  目:みき 12分00秒
     35  周  目:キャンプ地 7分49秒
     37  周  目:スミス 7分15秒
     38  周  目:迪くん 7分15秒
     39  周  目:みっちー 9分44秒
     40  周  目:ジュンジ 6分49秒
     41  周  目:キャンプ地 7分35秒
     42  周  目:ゆーーき 8分51秒
     43  周  目:ジュンジ 6分50秒
     44  周  目:迪くん 7分40秒
     総 走 行 距 離:88km


・記録写真
DSCF2109.jpg

DSCF2111.jpg

DSCF2114.jpg


・あとがき
  チームを組んで1周2kmのコースを6時間で何周出来るかを競うちょっと変わった
 大会です。
  コースは札幌ドーム内をまわり、人工芝あり、心臓破りの坂あり、コンクリートあり、
 効かないミストありの難所盛りだくさんのコースでたすきをつなぎます。
  我等森脇陸上倶楽部は部員が3人しかおりません。急遽部員を急募しまして、9人も
 のメンバーが集まりました。人と人との絆、大事です。
  アップ代わりにステージでインストラクターの方がエアロビクスをしたり、有名なラ
 ンナーがトークショーやランニング講座をしたりと、大会だけでなくイベント豊富な大
 会です。
  結果は、男子女子混成の種目で581組中16位。初参戦にしては上出来かと思いま
 すが、優勝を狙っていただけに残念無念です。
  ちなみに種目は6時間男子女子混成、6時間女子、42.195km男子女子混成、
 42.195km女子と、意外と細かいです。
  9人で88kmを走りました。わたくしゆーーきに限っては5回走ったので個人総走行
 距離は10km。5周の所要時間は42分35秒。レペはかなりあったものの、10km
 のベストが46分なので、いつもよりはまあまあ速かった感じとなっております。
  いやぁ疲れた!弱点丸わかりでした。スピードが足りな過ぎます。いつもたらたらと走
 っているだけなので、やっぱりって感じですが、やるべき事がわかってよかったのではな
 いでしょうか。
  レース後はビール園で打ち上げをして解散となりました。こんなにも大勢のマラソン仲間
 と時間を過ごしたのは初めてで、とても貴重な体験をした1日となりました。
  この大会が今シーズンの森脇陸上倶楽部のはじめの大会です。
  かれを皮切りにどんどん走っていきましょう!!!

2011とまこまいマラソン

・開 催 日 2011年10月9日

・スタート 苫小牧駒澤大学敷地内

・ゴ ー ル 苫小牧緑ヶ丘公園陸上競技場

・走行距離 ハーフ(21.0975km)

・記  録
 森脇悠貴 1時間44分23秒 21位
 清水雅史 1時間30分26秒 12位

・記録写真
DSCF1766b.jpg

・あとがき
  一個人にとっても、森脇陸上倶楽部にとっても初めてのハーフマラソン出場でした。
  清水さんの車で苫小牧へ(いつも運転ありがとうございます。頭が上がりません)
  受付会場はゴールとなる緑ヶ丘公園なんですが、ハーフだけスタート位置が違うので送迎バスで
 苫小牧駒澤大学へ送られます。そこの体育館や敷地内でウォーミングアップが出来ます。我らも軽
 く1kmほどのジョグとストレッチをして待機しました。
  スタート間際、以前FROM24マラソンで出会ったおじさんランナーにまた遭遇!見知らぬ地
 で知った顔に合うのはなんだか心が落ち着きます(この人も会ったの2回目ですけど笑)
  スタートラインは結構ずうずうしく前の方を陣取りました。

  スタート
  何故でしょう?大勢での競争となると必ずや最初にバカみたいにスピード出す人がおられます。そ
 の人がちゃんとその人のペースで走っているなら仕方が無いですが、某感謝祭の赤坂5丁目ミニマ
 ラソンの某なかやまきんにくんのように、オモシロ半分でぶっ飛ばす人は感心できませんね。
  何はともあれ、清水、森脇、オジサマ3人固まって走りました。

  走力の大きな大きな差もあり、初めての大勢の人の壁に苦戦し、わたくし森脇はだんだん2人のス
 ピードについていけなくなりました。5km地点で、まだ視界に入ってはおりましたが追いつくのを
 断念。自分のペースで体力の温存を図りました。
  ここのコースは最初から最後まで坂らしい坂が全くありません。なので「走りやすい」、「良いタ
 イムが出やすい」などと言われています。しかし、わたくし自身が思うに、直線が長すぎてつらい!
  ハーフ約21kmのうち、約14.5kmが直線です。「いつになったら曲がり角がくるんだ!」
 と、何度諦めそうになったことか。そしてゴールの陸上競技場に向かうために緑ヶ丘公園へ左折する
 んですが、そこからも長い!まず、ゴールの競技場を横切るので歓声が遠くで聞こえてて辛い、敷地
 内で折り返してから競技場に入るまでも地味に長いです。入ってしまえばみんなの応援を受けながら
 250mほどなのですぐなんですが。。。
  ゴールするとすぐに飲み物とホッキ貝のおにぎりをくれます。なんとも言えない、身動きの出来な
 い、身動きしなくても辛い、ゴール後の闘いに耐えながらおにぎりをほおばりました。そのあとゼッ
 ケンがそのまま当選番号となる抽選会が行われ、閉幕します。森脇陸上倶楽部は何も当たりませんで
 した。
  温泉に入り(入ったっけ?)、ラーメン屋(原始人だっけ?)で昼食を取り、お土産に三星でよい
 とまけを買って帰りました。

  初めてのハーフマラソン。過酷でしたが、良い経験になりました。基本的に走力が足りない。それ
 はハナっからわかっていましたが。走れればそれで良かった個人のランが、陸上倶楽部となって清水
 さんというエースが加わって、「走るからには速く走りたい」という、本来なら最初から持ち合わせ
 ていそうな概念が私の中にも生まれました。
  「速い」と「遅い」という言葉がある限り、「速い」方が優勢であり、人はやはり速い方を求めま
 す。私のように、走ること自体が好きで速さを求めず、気持ちよく走ることを追求するような人間で
 も、どっかに、ぜっっっっったいどっかに速さを求める面があるのです。自分では走れればいいと言
 っていますが、走運動を選択している時点で、私達はランナーであり、火加減は人それぞれですが闘
 争本能に火が付いているのです。
 2011シーズン最後の大会でしたが、そんなことを思った1日でした。


 日々精進!



 なお、冬期間は森脇雪上倶楽部として活動いたしますので皆様お見知りおきを。(2012年8月28日)

2011たきかわコスモスマラソン

・開 催 日 2011年9月19日

・スタート JR滝川駅前

・ゴ ー ル JR滝川駅前

・走行距離 10Km

・記録
 森脇悠貴 46分57秒  22位
 清水雅史 40分08秒   9位

・記録写真
MRCユニフォーム

・あとがき
  滝川駅前。空知出身の部長森脇にとっては見慣れた風景が大会会場となってランナーで埋め尽く
 されていました。種目は10kmに出場。なかなか人数が多いです。ウォーミングアップを終え、
 スタートラインについていざ号砲!

  めっちゃ早っ!最初の1kmは商店街方向に進んで折り返してスタート地点に戻ってくるのです
 が、1kmの通過タイムがなななんと3分前半!完全にオーバーペースです。これで清水さんも僕
 もやられました。
  商店街を通過すると河川敷に向かいます。川沿いを折り返して駅前に戻ってきます。
  10kmなのですぐ終わるのですが、こんなにつらく長かった10kmは初めてでした笑
  ゴールするとお汁粉のサービスがあります。予想外のオーバーペースでかなりハアハアしてたの
 でちょっと喉を通りませんでした。食べましたけど。

  大会後はマリンという喫茶店?軽食屋?定食屋?で昼食です。ここマリンは、知る人ぞ知る超メガ
 盛りのお店として知られています。特にカレーが。僕はカレーにあまり魅力を感じないのでしょうが
 焼き定食を注文。清水さんはカツカレーを。。。
  でっかーーー!写真が無いのが残念ですが、みんなで分けて取るような大皿いっぱいにカレーがて
 んこ盛りです。しかもこれが普通盛りときたもんだ。
  戦意喪失。食べ切れませんでした。

  その後は温泉に入って、岩瀬牧場でアイスクリームを食べてのんびり帰りました。
  近場の遠征で、10kmくらいなら帰りも楽しめていいですねぇ。このブログはあくまで森脇陸上倶
 楽部の活動記録として更新していますが、大会に出てみようかなと言った皆さんの参考になればとも思
 っております。大会に付いて何か聞きたいことなどあれば気軽にコメントください。答えられる範囲で
 お答えします。

2011FROM24マラソン

・開 催 日 2011年8月21日

・スタート 札幌市北区エムアールゴルフセンター5F

・ゴ ー ル 小樽市銭函 おたるドリームビーチ「海の家タムタム」

・走行距離 24Km

・記録
 森脇悠貴 2時間32分00秒
 清水雅史 1時間59分12秒

・記録写真
 IMG_1315a.jpg

DSCF1751.jpg

DSCF1752a.jpg


・あとがき
  札幌北24条から小樽のドリームビーチ「海の家タムタム」までの24kmを走るという
  FROM24マラソ ン!ゴール後はビーチで焼肉&ビール!ゆるーいですがたのしーい
  大会です。

  ゼッケンなし、順位なし、交通規制なしのアットホームな大会。

  森脇陸上倶楽部を結成して初めて臨んだ大会でした。

  この大会の一番の特徴は、なんと言ってもゴール後のビール!

  走るのが好きでビールが好きな人は要チェックです!

  また、北海道マラソンの1週間前なので、練習として出るランナーもいます。

  さてさて、道マラに出場しない我等森脇陸上倶楽部は、

  エース清水は1時間59分という驚異的な速さで2位!

  (本当は順位はわからないのですが、イベントで最速ランナーでジャンケンするというも
   のがありまして、そ のときに前に出た2人が、清水さんと、抜けなかった男性だけだ
   ったので判明しました)

  部長森脇はというと、10kmまでエース清水に着いて行ったものの、案の定からっぽに
  なり失速。

  そこから孤独な闘いを強いられ、2時間32分でゴール。

  だいぶ遅れてしまったと思ったら、この大会の中では結構早いほうでした。

  ってな感じで無事二人とも完走し美味しいビールを美味しくいただきました。

  そうそう、この日なんだかやたら人当たりの良いおっちゃんに出会いました。話を聞くと
  100kmマラソ ンとかトライアスロンとか出てる超人でした。

  そういう話を聞くと、ちょっと興味が湧いちゃいますよねぇ。

  100kmかぁ。。。長いなぁ。。。

  このおっちゃんとはまたどこかで会いそうな気がします。

プロフィール

ゆーーき

Author:ゆーーき
夏はマラソン!冬はスキーとスノーボード!
珈琲とビールをこよなく愛するおじさんです!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。